東京都杉並区の予防歯科なら岩崎歯科クリニックへ
HOME>予防治療という考え

| 予防治療という考え |

歯が痛くなってから歯医者さんに行く???

今までの歯科医院は、歯が痛くなってから行くものでした。

しかし虫歯になってから歯を失ってからでは手遅れです。また歯周病で溶けた顎の骨は元には戻りません。そのため最近では歯が悪くならないように予防していく事が重要になってきました。治療する前に予防することがこれからの歯科医院のスタンダードとなってきます。


世界で一番予防が進んでいるスウェーデンでは歯科の定期検診受診率が大人で80%以上あり、子供にいたっては100%近くが定期検診を受けています。他の 先進諸国でも70%ほどの受診率が一般的になってきました。先進国ではこのように歯科に対する関心が高いのに対し、日本では驚くことに、10%以下の定期 検診受診率です。

これでは虫歯や、歯周病が悪化してしまうのも当然といえます。

①たった半年に一回の定期検診に行くことで、将来の口腔状態を守る。
②逆にたった半年に一回の定期健診をさぼることで将来入れ歯生活・・・

どちらが良いでしょうか?

皆様が将来自信を持って笑えるように、美味しいものを思いっきり食べられるように、私達はこの『予防歯科』という概念を皆様に浸透させることが使命であります。
当サイト監修の岩崎歯科クリニックはこちら